LINK
私が、初めて自分の車を所有したのは、22歳の時でした。 既に社会人として働いていたのですが、それまで運転免許も持っていないという状態でした。 私は、東京の短大に通っていたため、その頃は免許の必要性を全く感じていませんでした。 でも、会社の上司に言われた言葉がきっかけで、免許をとる決心をしました。その言葉というのは、 「将来、子供が熱を出したとき、自転車で病院に連れて行ったら、ますます熱があがるぞ」 という一言でした。 確かに!と思った私は、早速、教習所に通い始めました。 あれから20年。今では、車に乗らない日はありません。毎日毎日、子供の習い事の送り迎えなどで、必ずハンドルを握っています。 私が住む、地方都市は車社会です。あの時、免許をとっておいて、本当によかったと思います。 もしも、免許がなかったら、子供の世界も狭まっていたと思います。 あと、何年かしたら、今度は両親を病院に送迎したり、ますます車が欠かせなくなりそうです。